PFCバランスとは

ダイエット

こんにちは!食欲の秋ということで、食べ物の誘惑になかなか勝てない田中です。

 

そんな食欲の秋ということで、今回のテーマは普段皆さんが口にする食べ物についてのテーマを取り扱っていきたいと思います。

 

今回のテーマは、、、、

 

「PFCバランス」

についてご説明したいと思います!

 

PFCバランスという言葉を耳にしたことがない方も多いかと思います。

 

PFCバランスとは、いわゆる三大栄養素のバランスのことを指します。

 

三大栄養素はたんぱく質・脂質・炭水化物から構成されます。

 

・たんぱく質(Protein)

・脂質(Fat)

・炭水化物(Carbohydrate)

 

これら三大栄養素の頭文字をとって、PFCバランスと呼ばれています。

 

 

PFCバランスが何なのかは理解いただけたと思います。

しかし、PFCバランスが一体何の役に立つのかが大事な部分ですよね。

 

PFCバランスは運動をしたり、考えたり、身体の組織(筋肉、骨、皮膚、髪の毛など)を作ったり、疲労回復など健康体を維持・構成するために必要となってくるものなんです。

 

また、各栄養素はそれぞれ違う働きをしています。

 

たんぱく質であれば、筋肉や血管、皮膚や髪などの身体組織の主成分に。

 

脂質は細胞膜やホルモンの原料貯蔵エネルギーに。

 

炭水化物は筋肉や脳などのエネルギーに。

 

栄養素はそれぞれ異なる働きをするので、カロリー値にだけ注目し、1つの栄養素を過剰摂取したり、糖質制限や脂質制限のように1つの栄養素を摂取しないのではなく、3つの栄養素をバランスよく摂ることが大切です!

 

 

ここまで読んでいただくと、PFCバランスがさまざまな部分で役立つことが分かったと思います。

ではPFCバランスを一体どのようなバランスで摂ればいいのかご説明したいと思います。

 

 

PFCバランスを語るうえで欠かせない三大栄養素の各カロリーが以下になります。

 

・たんぱく質(Protein)➝4㎉/g

・脂質(Fat) ➝9㎉/g

・炭水化物(Carbohydrate) ➝4㎉/g

 

これを見てわかるようにg分当たりのカロリー量は脂質が最も高いです。

ですので、脂質の高いものばかり食べていると太ってしまうのは一目瞭然ですね。

ですが、先程もお伝えしたように脂質も大切な栄養素です。あくまでもバランスが大切です。

 

これら三大栄養素の各カロリーについてはカロリー計算する際に必要となるので、ぜひ覚えておくことをお勧めします!

ではこの三大栄養素のバランスであるPFCバランスをどのような割合で摂ればいいのでしょうか?

 

その割合について目的別に分けたものを下に掲載したので、参考にしてみてください。


・一般人➡P:13~20%、F:20~30%、C:50~65%

参考文献:厚生労働省「食事摂取基準2015年版」


・ボディメイク➡P:F:C=4:2:4


 

あくまでも参考で個人差もありますが、よかったら参考にしてみてください。

 

 

正しい食生活を身に付け、理想の身体を手に入れましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧