フリーウエイトトレーニングとマシントレーニングの違いとは

ダイエット, トレーニング, パーソナルジム

こんにちは。
今日はフリーウエイトトレーニングとマシントレーニングの違いについて一緒に見ていきましょう。

まずフリーウエイトトレーニングとは

・ベンチプレス
・スクワット
・デッドリフト
・ダンベルベンチプレス
・ダンベルショルダープレス
など基本はバーベルやダンベルを使った軌道が固定されていないトレーニングを指します。

【パワーラック】

【ダンベル】

フリーウエイトトレーニングの良さは軌道を自身で自在にコントロールできるので、より細かな動きが行えます。
またバランスをとる必要があるので、より多くの筋肉を動員することが可能です。
デメリットとしては、対象部位以外にも負荷が乗りやすい点です。正確なフォームで行わないと狙った部位以外の筋肉に刺激が強く入ったり、ケガのリスクがマシントレーニング比べ高くなるので、しっかりとした知識や技術が必要になってきます。

続いてマシントレーニングとは

・チェストプレス
・レッグプレス
・ラットプルダウン
・シーテッドローイング
など軌道が完全に、もしくは一部制限されているものを指します。

【スミスマシン】

【ラットマシン】

マシントレーニングのメリットは軌道が固定・制限されているため負荷が狙っている部位に乗りやすく、
またフォームが崩れにくいので怪我のリスクが少ないです。
トレーニング初心者の方はマシントレーニングから始めてみるのも良いかと思います。
デメリットとしては軌道が固定・制限されているため狙った部位以外には効かせにくく、可動域も制限されているので、体が柔らかい人、体が硬い人。身長が高い人、低い人などで効き方に差がでる可能性があります。

このように同じような動きのトレーニングでもフリーウエイトトレーニングとマシントレーニングで効果が変わってきます。
ただどちらが優れていてどちらが劣っているということは決してありません!
自分に合ったトレーニングを選別出来ていれば、どちらも正しいトレーニングです。
皆さんも自身に合ったトレーニングで効率よく理想の身体を目指していきましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧