有酸素運動とは

ダイエット, トレーニング

こんにちは!TRAINEESの田中です。

 

今回は、、、、

有酸素運動とは

というテーマで紹介していきたいと思います。

 

有酸素運動と聞くと、皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

ランニング、サイクリング、水泳などを思い浮かべるのではないでしょうか。

このような長時間継続して行う運動のことを有酸素運動と指します。

 

この「有酸素運動」は名前の通り、酸素を使う運動のためこのように名付けられています。

【有酸素運動の仕組み】

運動中に筋肉を収縮させるためにはエネルギーが必要となります。そのエネルギーの事をアデノシン三リン酸、通称ATPと言います。そのATPを作り出すために酸素を使い糖と脂質を原料とし、ATPを作り出しています。

食事で摂取したエネルギーのうち、グリコーゲン(糖質)は主に肝臓や骨格筋に貯蔵され、余った分は中性脂肪として貯蔵されます。

そして、私たちは運動時に貯蔵されたグリコーゲンを二酸化炭素と水に分解し、その過程で作られたATPをエネルギーとして使います。

しかし、体内に貯蔵されているグリコーゲン量には限界があるため、グリコーゲンのみでは長時間運動を続けることができません。

そこで、体脂肪を分解してエネルギーにする方法に切り替えます。体脂肪を分解するには大量の酸素が必要となるため、酸素を取り入れながらエネルギーを作るシステムを繰り返します。これが有酸素運動です。

 

【脂肪分解の仕組み】

体内に貯蔵された体脂肪は、リパーゼという酵素によって遊離脂肪酸という物質に分解されます。

遊離脂肪酸は血液にのって筋肉に運ばれ、ミトコンドリアで分解されATPを産生します。

体脂肪は一定量以上体内に貯蔵されているため、酸素が供給され続ける限り、エネルギーを産生し続けることが可能となります。

また、体脂肪を分解するリパーゼは、体温が高くなると活性が高まるため、運動で体温が上昇し血流が多くなると、ますます体脂肪を燃焼するようになります。一度体脂肪の燃焼が始まると、その後も脂肪を燃焼しやすい状態を数時間継続することができます。

 

【有酸素運動の効果】

有酸素運動の目的で多いのは体脂肪燃焼だと思います。脂肪の中でも内臓脂肪がつきすぎるとさまざまな悪影響を及ぼします。

内臓脂肪からアディポサイトカインという炎症物質が分泌され、アディポサイトカインの働きにより、高血糖、脂質異常、高血圧、動脈硬化などが発症、進行します。

有酸素運動は体脂肪をエネルギー源として使い燃焼させるため、内臓脂肪も同様に減少させることができます。内臓脂肪量が減少することでアディポサイトカインの分泌も減少するため、高血糖、脂質異常、高血圧、動脈硬化の予防・改善につながります。

このように有酸素運動には、様々な生活習慣病の原因を予防・改善する効果があります。

 

ここ最近、外は涼しくなってきたので(むしろ寒いですが)、この季節にはもってこいの有酸素運動をしてみてはいかがですか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧