ダイエットの味方 オートミール

ダイエット, 未分類, 栄養

こんにちは
TRAINEES日本橋店 数矢です。
今日は当ジムのスタッフも良く口にするオートミールについて詳しく見ていきましょう。

まずオートミールとは何か
オートミールとはイネ科の植物のえん麦を脱穀したものです。
基本的には炭水化物が主な栄養素ですが、オートミールは精製していない全粒穀物(玄米なども含む)なのでGI値が低いのが強みです。

GI値とは、グリセミック・インデックスの略で、食品を食べた後の血糖値の上がるスピードを表す指数です。人間は食べ物を食べると血糖値が上がります。血糖値が上がると、インシュリンというホルモンを分泌し、血糖値を下げようとします。
この時にGI値が高い食品だと血糖値が急上昇し、血糖値を下げるためにインシュリンが大量に分泌されます。逆にGI値が低い食品ですと、血糖値の上り方が穏やかで、インシュリンの分泌も穏やかになります。
要するに、GI値が高いとエネルギーを身体に溜めやすく、GI値が低いとエネルギーを溜めこみにくいといったイメージです。
余分なエネルギーは身体で脂肪として蓄えられるので、ダイエットを行っている方は意識してみると良いと思います。

次にオートミールと白米の栄養素を比較してみましょう。

~オートミールの栄養素~
100gあたり
カロリー 380㎉
たんぱく質13.7g
炭水化物69.1g
脂質5.7g
食物繊維9.1g

~白米の栄養素~
100gあたり
カロリー 168㎉
たんぱく質2.5g
脂質0.3g
炭水化物37.1g

白米との違いその⓵ たんぱく質の多さ
たんぱく質とは身体をつくる上でとても重要な栄養素の1つです。
白米と比較して分かる通り、100gあたり約10gもオートミールの方が、たんぱく質が多いです。

白米との違いその⓶ 食物繊維が多い
先に述べた通り、精製していない状態なので、食物繊維が多く、血糖値が急激に上がらない為、余分な脂肪が身体に付きにくいのが特徴です。他にも、食物繊維が多いことによって便秘の改善にも繋がってきます。

白米との違いその⓷ ミネラルの多さ
オートミールは、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛と、多くのミネラルが、白米と比べて多く含まれています。
特に亜鉛は男性ホルモンの分泌を促してくれるので、積極的に摂っておきたい栄養素です。

このようにオートミールは手軽に食べることが出来、栄養価も高いので減量やダイエットをされている方にはおススメの食材です。
是非一度お試しください!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧