水溶性食物繊維

栄養

現代人は野菜不足で食物繊維が摂れていないと聞きますが、そもそも食物繊維とはいったい何なのかご存知でしょうか?

食物繊維とは人体の消化酵素(胃酸など)では消化できない食物中の成分のことをいいます。

そして食物繊維を大きく分類すると「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の二種類になります。

今回はこのうちの水溶性食物繊維について取り上げたいと思います。

水溶性とは文字通り水に溶けることを指し、この食物繊維は水に溶けるとゼリー状になります。

昆布やワカメのヌルヌル(アルギン酸)などがそれにあたります。

水溶性食物繊維にはたくさん種類があります。

ペクチン
グルコマンナン
βグルカン
ポリデキストロース
フルクタン
イヌリン
マルチトール
サイリウム
難消化性オリゴ糖
難消化性デキストリン

まだまだたくさんあります。

そしてこれらゼリー状になった食物繊維が人の消化管内に入ると、他の食べ物と違いゆっくり移動することになるので満腹感が得られたり、糖質の吸収を邪魔して血糖値の急激な上昇を抑えてくれることになります。

また、コレステロールに吸着する性質があるので、それらの吸収を阻害し排泄を促すことになります。

便通に対しても効果的で、大腸内で便にまとわりつき排泄時に便の滑りを良くしてくれます。

便秘に効果的と言われるのはこのような働きがあるからです。

食物繊維はボディメイクにも健康にも非常に効果的です。

意識して摂ってみましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧