【体の硬い方必見!】筋膜リリースとは

トレーニング

TRAINEESの田中です。

 

今回は筋膜リリースについてご紹介します。

 

筋膜とは

筋膜とは筋肉を包む膜のことで、ウェットスーツのように体全体に張り巡らされ、表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える第二の骨格であるといわれています。筋膜は筋全体を覆っている最外層の筋外膜、いくつかの筋線維を束ねて覆っている筋周膜、さらに筋線維1本1本を包む筋内膜との3種類に分けられます。

この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着(ゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴があります。この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になります。

 

筋膜の役割

筋膜は皮膚と筋肉の間に位置し、外部の衝撃から筋肉を保護する緩衝材のような働きをします。

他にも体の姿勢を保ったり、組織同士のこすれる摩擦から守ったり筋繊維の動きを支え、伝達などの働きもしています。
筋膜が正しく機能しているときは柔らかく弾力があり、筋繊維をくるむことで筋肉自体の出力を上げたり、骨や内臓を保護・形成したりするなどその働きはさまざまです。

 

筋膜の解剖図イラスト

 

画像参照元:【http://www.triggerpoint.jp/about/index2.php

 

筋膜リリースとは

筋膜がスムーズに動くためには筋膜の滑りの良さが必要になります。筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすことを「筋膜リリース」と言います。筋膜リリースを行うことにより、筋肉の柔軟性を引き出し、関節の可動域を拡大します。

筋膜リリースとは、筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。

 

筋膜が固くなる(癒着)すると、、、

筋膜は使いすぎても動かさなくても硬くなってしまいます。

収縮して筋膜自体が硬くなるだけでなく、筋肉と筋膜間の組織液(ヒアルロン酸)が不足することで筋膜が硬くなってしまい、筋肉との癒着につながります。

体が硬くなったと感じることはありませんか?以下のような原因が考えられます。

・長時間同じ姿勢をとっている

・特定の筋肉ばかり使っている

・ストレス

・運動不足

・休息、栄養、水分不足

・けがなどの蓄積

以上のような原因が考えられます。

筋肉と筋膜が癒着すると筋肉への負荷が高まり、さまざまな不調をきたします。

慢性疼痛・しびれ・筋力低下など直接的に筋肉に起こる症状だけではなく、疲労蓄積、回復力の低下、自律神経への影響などさまざまです。

 

ローラーやポール、テニスボール・ゴルフボールなどを使い、ほぐしたい部位で使い分けると効果的です。

例えば足裏でテニスボールやゴルフボールを転がし、足裏をほぐしたり、ポールでは太もも回りに転がし、下半身をほぐすこともできます。

筋膜リリースを行うことで、運動パフォーマンス向上以外にも姿勢も良くなったりします。

ぜひお試しあれ!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧