【ダイエットボディメイクブログ】ダイエット・減量中の果物ってどうなの?

ダイエット, トレーニング, パーソナルジム, 栄養

こんにちは。

TRAINEES日本橋店 数矢です。

今日はダイエット・減量中の果物の摂取について

ダイエット 減量 果物

 

よくこんなことを耳にします。

果物は糖質が入っているから食べちゃダメなんですか?」

結論から言うと、ケトジェニックダイエットを行っている人以外は食べても大丈夫だと思います。

勿論、ものによっては糖質が多いものもありますが、爆食いさえしなければ基本は大丈夫です(笑)

では、果物のカロリー・糖質量を見ていきましょう


(全て100g計算)

・イチゴ 34㎉ (5~6個) 糖質7.1g 

・グレープフルーツ 38㎉ (2分の1個) 糖質9.0g

・みかん 45㎉ (1個) 糖質11.0g

・キウイ 53㎉ (1個)  糖質13.2g

・リンゴ 57㎉ (2分の1個) 糖質13.1g

・ブドウ 59㎉ (巨峰7~8粒) 糖質15.1g

・バナナ 86㎉ (1本) 糖質21.4g


では米やパンなど炭水化物の代表的な物のカロリーを見ていきましょう


全て100g計算

・ご飯 356㎉ (お茶碗小盛) 糖質36.8g

・パスタ 378㎉ (1人前)糖質69.5g

・食パン 264㎉ (6枚切り1枚) 糖質26.6g

・うどん 270㎉ (1玉)糖質41.6g


 

どうでしょう?

ご飯やパンなどは基本この数値以上を1食で摂ることが多いと思いますが、果物に関してはそこまで食べ過ぎることはないと思います。

果糖は糖の中でも中性脂肪になりやすいと言われていますが、先に述べたようにめちゃくちゃな量を食べなければ基本大丈夫です。

果物は食物繊維が多くビタミンも豊富で美容にもとてもいいです。

是非上手く活用してみてくださいね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧