【ダイエット・ボディメイクブログ】筋肉は脂肪に変わりません

ダイエット, トレーニング, パーソナルジム

TRAINEESの田中です。

今回は勘違いの多い「筋肉が脂肪に変わる」ことの真意について触れていきたいと思います。

筋肉の仕組み

筋肉が脂肪に変わる真意についてお話しする前にまずは筋肉の仕組みについて簡単にご説明します。

そもそも筋肉というのは適度な負荷を与える筋トレをすることで、強く太くなります。一方で筋トレをやめたり運動不足になると、筋肉は弱まって細くなっていきます。

例えばある研究ではケガなどをして対象部位をギプスで固定をすると、6週間で筋肉は25%も減ると言われています。

宇宙飛行士の筋肉

宇宙飛行士は無重力で筋肉にかかる刺激が限りなく0に近づくため船内でトレーニングをするそうです。そうしないと、地球へ帰った時に立つことさえできなくなるらしいです。これには驚きですね。

筋肉減少率

例えが極端でしたが、社会人になると、学生時代と比べ、どんどん運動量が減る方が多いです。

そうすると、歳を重ねるだけで筋肉は1年に0.5%40歳を過ぎると年率約1%の筋肉が減ると言われています。

筋肉が脂肪に変わるウソ

ここで話を戻しましょう。

結論から言うと、筋肉が脂肪に変わることはありません。

多くの方が勘違いする原因としては、今まであった筋肉の上に脂肪が乗り勘違いをしているだけなんです。

筋トレをやめて筋肉量が減ると、基礎代謝量も減りますそうなると、消費カロリーの量は減ります

しかし、食事量は筋トレをやめてもさほど変わりませんそうすると、摂取カロリーの量は変わりません

もうここでお分かりの方はいると思います。

エネルギー収支が黒字状態になり、体脂肪が増えます

ここで勘違いをして筋肉が脂肪に変わった!と感じる人がいるのです。

ですが、本当は筋肉が細くなり、その上に体脂肪が乗っているだけです。

この現象は逆も然りです。

筋トレをして筋肉や消費カロリーが増え体脂肪が減ると、体脂肪が筋肉に変わったと錯覚するのです。

筋肉の上に乗る脂肪量が減ったり、増えたりしているだけです!

これまで述べてきたように、筋肉が脂肪に変わるようなことはありません。

筋肉がついたからと言って、トレーニングをやめて筋肉が脂肪に変わる心配をする必要もありません。

ですので、トレーニングは健康の維持・増進にもよく、ダイエットの観点からみても非常に良い運動です。

これを機にトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧